【口下手の直し方を解説します】誰にでも使える会話ネタを5つ紹介

スポンサーリンク
口下手,直し方 恋愛

 

「あの人は話すのが上手でいいなー。」

「なんで自分ってうまく話せないんだろう。」

 

こんな悩みを持っている人は意外と多いものです。

 

今回はこんな方に向けて、口下手の直し方についてお伝えをしていきます。

 

✔想定読者
・人とうまく話せないと悩んでいる
・話せる人が羨ましいと思っている
・自分には話すのは無理だと諦めている
今回はこのような人に参考になる内容になっています。

 

✔本記事の内容
・おすすめの会話ネタ5選
・【結論】口下手は気にしなくてOKな理由

 

今回はタイトルにもある通り、口下手の人が会話に困らなくなる会話ネタを5つ紹介します。

 

また多くの人は口下手だということを気にしすぎなところがあります。

 

なので結論、口下手であることを気にしなくてOKな理由についても解説をします。

 

✔本記事の信頼性
 

HIRO
HIRO

僕自身も人見知り+口下手でして、誰かと2人きりになるのを意図的に避けていたタイプです。
ただ今回お伝えする内容を意識することで少し改善されました。

 

そういう意味でもこの記事はある程度参考になるかなと思っています。

 

それでは前置きはさておき、早速本題に入っていきましょう。

 

3分くらいで読める内容かと思いますので、是非最後までご覧ください。

 

おすすめの会話ネタ5選

 

 

伝えたい

 

はじめに、口下手で悩んでいる人に共通している悩みは、沈黙になることが嫌だということではないでしょうか?

 

沈黙を打破するためにおすすめの方法が話題をストックしておくことです。

 

会話が途切れたタイミングでストックしておいた話題を出して会話を繋ぐということですね。

 

なのでここでは話題に困らなくなるおすすめの会話ネタを5つ紹介していきます。

 

ちなみにこの会話ネタは年齢や性別に関わらず幅広く使えるので、そういった意味でもおすすめです。

 

✔おすすめの会話ネタ5つ
・よく見るテレビ番組
・好きなドラマや映画
・趣味や休日の過ごし方
・恋愛の話
・出身地の話

 

これらのテーマは年齢や性別問わず幅広い相手に通用する話題になっているのでおすすめです。

 

これらのネタをストックしておいて、沈黙になったタイミングで話題に出していくと会話につまらずコミュニケーションが取れるようになるかと思います。

 

大事なのは、これらの会話ネタに対して自分のエピソードトークをあらかじめ用意しておくということです。

 

話題に出しておいて自分の話がないようでは意味がないですからね。

 

突然話を振られると何も話せなくなってしまうのが口下手の人あるあるだと思うので、この方法ならあらかじめ話題とトークを用意することが可能です。

 

ただし一点、会話をする上での注意点をお伝えします。それがこちらです。

 

✔会話する際の注意点
・まずは相手に質問をする
・相手の話が途切れたら自分の話をする

 

ありがちな例として、ストックしていた会話ネタを出す際にいきなり自分の話から始めてしまうケースは結構多いです。

 

そうすると相手は「いきなりなんだ?」ということで戸惑ってしまいます。

 

まずはストックした会話ネタをもとに、相手に質問をすることが大事です。

 

そして相手の話が一通り終わったタイミングで自分の話を始めるように心がけてください。

 

 

【結論】口下手は気にしなくてOKな2つの理由

 

 

 

 

 

ここまでで口下手の人が用意しておくべき会話ネタについてお伝えをしてきました。

 

「会話するのが苦手だ」という人は是非今日から実践してみてください。

 

ただこれを読んでいる方もそうだと思いますが、自分のことを口下手だと思っている人は必要以上に悩みすぎな傾向があります。

 

そういった意味で、口下手であることを気にしすぎない方がいい理由を2つ解説していきます。

 

会話は「話す」よりも「聞く」が大事だから

 

口下手な人は、ペラペラ話している人を見て羨ましいなとか自分には無理だなと落ち込んだりしますが、これは100%考えすぎです。

 

なぜなら会話は話すことよりも聞くことの方が大事だからです。

 

少し考えて欲しいですが、あなたが興味のない話やつまらない話をこっちが話すスキもないくらい永遠とされたらどうでしょうか?

 

おそらく苦痛に感じるのではないかと思います。

 

そういう意味で、口下手で悩むくらいなら聞き上手になる努力をした方がいいです。

 

聞き上手になるポイントについては別記事で解説をしていますので、こちらもあわせて読んでみてください。

 

 

相手はさほど気にしていないから

 

先ほども少し話しましたが、口下手な人が悩んでしまうのは沈黙になってしまうことだと思います。

 

ただこれについて1つ覚えておいて欲しいことがあります。それがこちら。

 

「自分が思っているほど相手は沈黙になることを気にしていない」

 

口下手な人は会話が苦手な分、沈黙になることに対して過剰に反応してしまうところがあります。

 

ただ日常生活で誰かと会話をする中で、沈黙って普通に起こることです。

 

なので、自分が思っているほど相手は気にしていないのです。

 

それなのに自分で勝手に考えすぎてメンタルを消耗してしまうのはもったいないので、気にしすぎなくてOKだということを覚えておいてください。

 

 

まとめ

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは今回の内容を簡単にまとめておきますね。

 

✔本記事のまとめ
・口下手な人は会話ネタをストックしておくと良い
・会話をする時は自分が話すよりもまず相手に話させる
・話し上手よりも聞き上手を目指すべき
・沈黙になることを相手はあまり気にしていない

 

僕も口下手で苦しんだタイプなので気持ちはよくわかります。

 

ただ、口下手であることを気にしすぎて良いことはあまりないのが現実です。

 

それに口下手なのは性格でありなかなか変えることが難しいので、「口下手な自分と付き合っていく」くらいの感覚でいると気持ちが楽になりますよ。

 

それでは今回は以上です。

 

こんな感じで他にもタメになる記事を毎日更新しています。

 

更新は朝にしていますので、日々楽しみにしていただけたら嬉しいです(^^)/

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました