【恋愛経験値を上げる方法を伝えます】結論:実戦経験が大事

スポンサーリンク
恋愛経験値,上げる,方法 恋愛

 

「あの人は恋愛経験値が高くていいな」

「恋愛経験値ってどうやったら積めるのかな」

「経験がないと女性からモテない」

 

こんな風に思ったことがある人はいるのではないでしょうか?

 

今回はそんな男性向けに、恋愛経験値の上げ方について解説をしていきます。

 

✔想定読者

・彼女が欲しいけどモテない
・恋愛経験値をあげたい
・恋愛経験値を積む方法を知りたい

 

今回は彼女が欲しいけど今までモテたことがない・・・。
モテるためにも恋愛経験値をあげたい!
こんな風に思っている方に参考になる内容です。

 

✔本記事の内容
・恋愛経験値とは
・モテない人がハマりやすいこと
・恋愛経験値を上げる方法
・女性を誘えない人の解決策3つ

 

「恋愛経験値ってどうやったら上がるんだろう?」
「モテるようになるにはどうしたらいいんだろう?」

 

今回はこんな悩みを解決することができる内容になっています。

 

ただしタイトルでネタバレした通り、結論としては実戦経験を積むしかないです。
要するに恋愛をするしか恋愛経験値はたまりません。
悩んでいる人
悩んでいる人

いやいや恋愛がしたくてもできないから困ってるんじゃん

 

こんな風に思った方もいるかもですが、ちょっと待ってください。

 

多くの人は恋愛に対するハードルを上げすぎてしまっている可能性があります。

 

今回の記事ではそのあたりの深掘りと解説をしていきます。
ではさっそく本題に入っていきます。
ぜひ最後までご覧ください。

 

恋愛経験値とは?

 

 

悩む,疑問

 

恋愛経験値を上げる話をする前に、そもそも恋愛経験値とはどんなものを指してるのかの認識を合わせておきたいと思います。

 

✔恋愛経験値の例
・デートのお店選び
・デートスポット
・デートのプランニング
・プレゼントの選び方
・相手の喜ばせ方
・話題をたくさんもっている
・相手の話を聞くスキル
・ファッションセンス
・身だしなみの整え方 など

 

こんな感じでしょうか?

 

要するに女性からモテるテクニックだったり、付き合った相手を満足させるテクニックなどのことを恋愛経験値といっていいのではないかと思います。

 

こういう経験値(=スキル)がある人とない人ではモテ方が全然違います。

 

おそらくこれを読んでいるあなたも
「モテたい」
「彼女が欲しい」
「付き合いたい人がいる」

 

この辺りの理由で恋愛経験値を上げたいと思っているのではないでしょうか。
なので今回はどうやったら恋愛経験値が上がるのかの方法をお伝えしていきます。

 

モテない人がハマりやすいこと

 

 

 

 

恋愛経験値を上げる方法についての解説をする前に、多くのモテない人がハマりやすいことについて初めにお伝えしておきます。

 

冒頭でも言いましたが、恋愛経験値を上げるには実戦経験を積むしかありません。

 

ただここを正しく理解せず、間違った行動をしている人がかなり多いのも事実です。

 

例えば、「恋愛経験値 上げる」などで検索をしてみるとこんな結果が出てきます。

 

✔「恋愛経験値 上げる」の検索結果の例
・女心がわかる本を読みましょう
・女性誌を読みましょう
・女性の心理を学びましょう
・女性が好きそうな趣味を勉強しましょう

 

こんな結果が出てくるわけですが、僕は正直あまり意味がないかなと思っています。
なぜそう思っているかというと理由がこちらです。
・女性も人それぞれ性格は違う
・知識だけあっても実戦で使えない場合が多い

 

女性とひとくくりに言っても当然人それぞれ性格は違いますので、いくら本を読んだりして知識を増やしても実戦で使えないケースが多いです。

 

HIRO
HIRO
ぼくも本や雑誌で勉強しようとしたことはありますが、ほとんど役に立たなかった経験があります・・。

 

ピンとこない方向けに具体例を2つ紹介します。

 

✔具体例① 受験勉強の場合

参考書や教科書を読みまくる

模試を受けて来なかったため本番の空気に飲まれて力を発揮できなかった

 

✔具体例② スポーツの場合

筋トレや練習だけ頑張る

練習試合をしておらず本番で思うようなプレーができなかった

こんな風に、仮に知識だけあってもノウハウコレクターになってしまい本番で力を発揮できないわけです。

 

恋愛も同じでして、いくら本などで知識を増やしても経験値にはつながらない場合が多いです。

 

要するに実戦経験を積まなければノウハウばかりが増えてしまって、目の前にいる相手を満足させるスキルというのは身につかないということです。

恋愛経験値を上げる方法

 

伝えたい

 

繰り返しになりますが、恋愛経験値を上げるためには実戦経験を積むしかありません。

 

では実戦経験とは何なのかというと、女性と2人で出かけるということです。

 

これを読んでいる多くの方は、女性と出かけたり、2人きりで話したりした経験がほとんどないのではないかと思います。

 

「女性と話すだけで緊張してしまいうまく話せない」
「女性への苦手意識がある」
「エスコートしなきゃとプレッシャーを感じる」

こんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

女性と出かけることで、少しずつ女性慣れをしつつ恋愛経験値を積むことができるというわけです。

 

ただし女性と2人で出かけるというとかなりハードルが高く感じる人もいるかもしれません。

 

そんな方はシンプルにまずは食事に行くだけからスタートすればOKです。

 

女性と食事に行くだけでもお店の選び方会話の仕方などを学ぶことができます。

 

そしてその人との関係性ができてきたら、食事+どこかへお出かけみたいな形で追加してみましょう。

 

こんな感じで実戦を積むことで少しずつ経験値は溜まっていくというわけです。

 

ただここまで読んだ方でこんな風に思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

悩んでいる人
悩んでいる人

・そもそも出かけるような女性がいない
・誰を誘っていいかわからない

 

こんな風に思ってしまう方に向けて、次で解決策を3つ紹介していきます。

 

女性を誘えない人への解決策3つ

 

ここまででとにかく実戦経験が大事だということをお伝えしてきました。

 

ただ実戦の相手がいないと悩んでしまう人も多いのではないかと思います。

 

そんな方に向けて解決策を3つ紹介していきます。

①相手を選ばない

 

女性を誘えない人の多くは相手を選びすぎている可能性があります。

 

こういった男性のありがちな勘違いがこちら。

 

女性を誘う=異性として好きになった相手

 

こんな風に、お出かけに誘うなら好きになった人じゃないと失礼だろうのように考えてしまう人がいます。

 

ただ今回あくまで大事なのは、女性との実戦経験を積むということです。

 

なので、好きな相手しか誘っちゃいけないと重く考えるのではなく、誘いやすい人から気軽に誘ってみるのが良いでしょう。

 

職場の同僚や学生時代の友人などから声をかけてみるのが良いと思います。

 

悩んでいる人
悩んでいる人
言ってることはわかったけど、好きでもない人を誘うってのはちょっと・・・

 

こんな風に思った方はぜひこちらの記事もあわせて読んでみてください。

 

内容を簡単に説明すると、恋愛感情というのは実際に出かけたり食事に行ったりして初めて芽生えてくるものだということです。

 

要するに、そこまで好きではない人と出かけるというのはいたって普通のことだということです。

 

そういう意味でも相手を選ばずに、ぜひ女性との実戦経験を積んで欲しいと思います。

 

②慎重になりすぎない

 

これを読んでいる方は恋愛経験があまりなく恋愛初心者の方が多いかと思います。

 

そうすると誰かと出かけたり付き合ったりするだけでも慎重になりがちです。

 

ただ先程も言ったように、恋愛しないことには経験は積めず、モテるようにはなりません。

あくまで実戦経験を積むためだという気持ちで、軽い気持ちでお出かけに誘いましょう。

 

③ネガティブにならない

 

これを読んでいる方の多くは、自分に自信がなくネガティブになっているのではないかと思います。

 

「自分なんかに誘われたら迷惑かな」

「どうせ断られるに決まっている」

 

こんな風に卑屈になってなかなか女性のことを誘えない人もいるのではないでしょうか?

 

ただここで一つ覚えておいて欲しいのは、女性は基本的に誘われることを嬉しく思うということです。

 

自分のことを誘ってくれる=自分のことを好いてくれていると感じますよね。

 

基本的に自分のことを好きと言われて嫌な思いをする人はいません。

 

そういう意味でも、無駄にネガティブにならずに積極的にお出かけに誘って欲しいと思います。

 

 

まとめ

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

とにかくまず誰かと付き合いつつ経験を積んでいくことが重要です。

 

そうすれば自然と恋愛経験値は上がっていき、今よりもモテやすい男になれるのではないかと思います。

 

それでは今回は以上です。

 

こんな感じで他にもタメになる記事を更新しています。
最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました