【自己肯定感が低い女性へ】原因と改善する方法をお伝えします

スポンサーリンク
自己肯定感,低い,女性 恋愛

 

 

悩んでいる人
悩んでいる人

自分に自信がない。
周りの人の良いとこばかり目に入ってしまう。自分はダメだ。
彼氏なんかできるわけない

 

こんな悩みを持つ方に読んで欲しい内容です。

 

✔本記事の内容
・自己肯定感が低い女性の特徴4つ
・自己肯定感が低い人がハマりやすい男
・自己肯定感を高めるためにやること3つ

 

今回は自己肯定感が低すぎる人むけの内容です。

 

自己肯定感が低い女性は損をしていることが多いので、もし当てはまるところがあれば改善していった欲しいと思います。

 

ではさっそく本題に入っていきます。

 

3分くらいで読める内容になってますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

自己肯定感が低い女性の特徴4つ

 

 

自己肯定感,低い

 

①自分に自信がない

 

とにかく自分に自信がなく、必要以上に自分を責めてしまう人が多い。

 

<自分に自信がない人の例>
・顔がブサイクだ
・性格が悪い
・仕事ができない
・誰も私のことなんか好きになってくれない

 

こんな感じで必要以上に自分を責めがち。

 

もし当てはまっていたら要注意です。

 

②被害妄想をしがち

 

自分に自信がないことも重なり、余計な被害妄想をしがちです。

 

<被害妄想の例>
・私なんかどうせ嫌われてる
・多分わたしの悪口言ってる
・仲良くしてくれるのも今だけだ
・どうせいつか振られる

 

こんな感じで誰も言っていないことを勝手に被害妄想で考えてしまったりします。

 

③周りの目が気になる

 

自己肯定感が低い人は周りの目が気になりすぎてしまうことがあります。

その結果、自分の言いたいことが言えなかったり、したいことができなかったりといった支障が出ることがある。

 

<周りの目が気になる例>
・これ話したらどう思われるかな
・もし間違ってたらどうしよう
・とりあえず目立たないようにだけしよう

 

こういった生き方をしていると、自分に我慢をさせてることになるので知らず知らずのうちにストレスが溜まっていることが多い。

 

④すぐに周りと比較してしまう

 

自分に自信がないこともあり、すぐに周りと自分を比較してしまう傾向があります。

 

<周りと比較してしまう例>
・あの人わたしなんかよりすごく可愛い
・自分なんかよりも仕事できて羨ましい
・それに比べて私はほんとダメだ など

 

こんな感じですぐに周りと比較をして、さらに落ち込んでします。

 

自分が思っているほど別に周りはそこまで大した人じゃないのに、勝手に自分を責めて落ち込んでしまうパターンです。

 

自己肯定感を高めるためにやること5つ

 

 

自己肯定感,高める

 

自己肯定感が低い4つの特徴、当てはまっていましたか?

もし当てはまっていたら要注意です。

 

ここからは改善していくための具体的な方法を5つご紹介します。

 

①失敗しても責めない

 

自己肯定感が低い人は、失敗を恐れすぎてしまう傾向があります。

その結果、いざ失敗してしまっときに強く自分を責めがちです。

 

そういう人に実践してほしい“失敗した時に心の中で唱えて欲しい言葉”がこちら。

 

✔失敗した時に使える言葉
・失敗しても死ぬわけじゃない
・周りだってそれなりに失敗してる
・自分の失敗に周りはそこまで興味ない

 

失敗しても別に死ぬわけじゃないし、謝ってつぎ気を付ければいい。

 

しかも周りだってそれなりに失敗してます。
もっと言えば、自分が失敗したことなんか周りはさほど気にしてないし、興味もないです。

 

こんな感じで考えれば少しは心が楽になるのではないでしょうか?

 

②なるべくネガティブな言葉を出さない

 

たまに友達に愚痴を言ったりするのは良いですが、自分を否定するような発言をするのはやめましょう。

 

自分の言葉が一番耳に入るので、ネガティブなことばかり言っていると脳が自己肯定感低いモードになってしまいます。

 

③今の自分を認める

 

自己肯定感が低い人はつい周りと比べてしまいがちですが、自分にできないことを羨ましがっても消耗するだけです。

 

どういうことかというと、こちらが具体例です。

 

<具体例>
・幼馴染のAさんはおしゃべりが好きででいつも話題の中心にいる
・自分はあまり話すのが得意ではなく聞き手に回ることが多い

 

こんな感じの2人がいた時に、自己肯定感が低い人はこんな風に思います。

 

悩んでいる人
悩んでいる人
Aさんは話が上手でいいな。羨ましい。
それに比べてわたしなんか全然だめだ。

 

そもそも性格も違うし、それぞれの強みも違うのに、なぜか相手にできて自分にできないことだけを切り取って落ち込んでしまったりします。

 

ここでいうと、話すのは苦手でも、聞くのが上手で相手に気持ち良くお話しさせられる力があるかもしれませんよね。

 

要するに相手と比べるのではなくて、自分には何ができるのかというのを考えて、それを認めてあげることが大切ということです。

 

④自分を客観視するクセをつける

 

自己肯定感が低い人は自分を客観視することができず、自分の長所を見落としている可能性があります。

 

解決策がこちらです。

他人にアドバイスするつもりで自分を見てみる

 

他人の悩みを聞いたり、他人にアドバイスをするときは客観的に話を判断できるのに、いざ自分のことになると必要以上に悩んだり、見当ちがいの答えを出したりしてしまうものです。

 

そういう人は自分という他人がもし存在したら、自分だったらどうやってアドバイスするだろうと考えてみるといいです。

 

そうすると、

・自分が悩んでいたことって小さいことだった
・そんなに悩むような話じゃなかったかも
・周りも同じように思ってたのかな

 

こんな感じで気付くことがあるかもしれません。

 

⑤小さな目標をたてる

 

自己肯定感が低い人に共通しているのはとにかく自分に自信がないということです。

 

そういう人は、そんな自分でもこれができてると言えるような小さな達成感を積み重ねることが大切です。

 

仕事でも恋愛でもなんでも良いのですが、日々小さな目標をたてて、それを毎日達成していくような形で自分を認めてあげることが大切だったりします。

 

自己肯定感が低い人がハマりやすいこと(恋愛)

 

 

危険

 

ここまで自己肯定感が低い人の特徴と解決策をお話ししてきましたが、最後はそういう人が恋愛でハマりやすいことを3つ紹介していきます。

 

①チャラ男に捕まりやすい

 

自己肯定感が低い人は、自分を認めてくれる人のことをすぐ好きになってしまいます。

 

チャラい男はそういった女性の心を転がすのが超得意ですので注意が必要です。

 

✔チャラ男にハマる女性のダメな例
・気付いたらセフレのようになってしまっている
・体目当てだとわかってるけど自分を必要としてくれるのが嬉しい
こんな風になりがちなので、気を付けましょう。

 

②尽くしすぎて嫌われる

 

自己肯定感が低い女性は、自分のことを嫌いになって欲しくないという思いから、尽くしすぎてしまうケースが多いです。

 

ただ尽くしすぎてしまうと、カップル間で上下関係ができてしまいます。

 

・こいつ俺のこと好きすぎだろ
・多少なにいっても俺のこと好きなのは変わらないな

 

こんな風に変な安心感というか、無駄にマウントを取られてしまったりします。

 

そうなると扱いが雑になったり、浮気されたりと、大切にしてもらえなくなってしまう可能性があります。

 

③重い女になってしまう

 

自己肯定感が低いと、彼氏にとって重い女になりがち。

 

<重い女の特徴>
・相手の気持ちが信じられない
・どうせいつか嫌いになるんでしょ
・本当に私のこと好きなの?
・他の人のこと良いと思ってるんじゃないの?

 

 

こんな風に被害妄想をしがちでして、こういうのは男からすると超重くてだるいです。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

自己肯定感が低いと、無駄な悩みで消耗したりするのでもったいないですよね。

 

もし当てはまったところがあれば、改善していきましょう!

 

今回は以上です。

 

最後に、Instagramでタメになる恋愛記事を毎日投稿しております。

アカウント(@renai_goriteacher)

毎日夕方から夜にかけて投稿しているので、ぜひフォローして楽しみにしてください(^^)/

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました