彼女の束縛がうざい人へ  原因と対策をお話しします【体験談あり】

スポンサーリンク
溜息,束縛,うざい 恋愛

 

「彼女の束縛がうざすぎる!」

 

こんな風に思っている人は多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな方向けに、「束縛されてしまう原因」「束縛されたときの対処法」について解説をしていきます。

 

✔想定読者

・彼女の束縛が激しい
・束縛されてる時はどうしようもなくうざい
・好きだけど別れたいと思う時がある

 

✔本記事の内容

・束縛彼女あるある6選
・束縛されたときの対処法4つ
・あなたが改善すべき3つのポイント
・【結論】関係修復は困難

 

今回は束縛彼女のあるあるや、束縛されたときの対処法を4つ紹介します。

また、「束縛はする方が悪い」と思われがちですが、実は束縛される原因が彼氏側にある場合も結構あります。

そのあたりをセットで解説していきます。

 

✔本記事の信頼性

HIRO
HIRO

僕自身、以前付き合った彼女に相当激しく束縛をされて、それが原因で別れたことがあります。
当時は別れて良かったー!と思っていましたが、今になって自分にも原因はあったなと反省することもあります。

 

束縛されている時はどうしても被害者意識が強くなってしまうので相手のせいにしてしまいがちですよね。

 

ただ冷静になって考えてみると、相手をそんな風にさせてしまったのにはあなたにも原因があったりします。

 

 

今回はそんな僕の失敗体験も織り込みつつお話ししていきますので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、それでは早速本題に入っていきます。

 

束縛彼女のあるある6選

 

束縛,彼女,あるある

 

まず初めに束縛彼女のうざいあるあるを6つ紹介していきます。

 

もしどこかに当てはまっていればかなり危険なラインになってきていると思いますので、確認してみてください。

 

✔束縛あるある6選

・異性との連絡禁止
・常にどこにいるか報告
・連絡はすぐに返さないと急かしてくる
・異性がいる遊びは禁止
・ずっと一緒にいたがる
・すぐに浮気を疑う
 
 
もし彼女がこれに当てはまっていればかなり危険な状態と言えるでしょう。
 

 

早めに対応しないと関係修復が難しくなってしまいますので、もし該当するようだったら次で紹介する対処法を即実行していきましょう。
 

 

それでは次が今回の本題です。
 

 

実際に彼女に束縛されたときの対処法を4つ解説していきます。

 

束縛されたときの対処法4つ

①好きだと伝える
 

 

束縛されたときの対処法1つ目が好きだと伝えることです。
 

 

そもそもなんで束縛されるかというと、相手にとって不安だからです。
 

 

「他の人に目移りしてしまうんじゃないか」
「自分のことだけ好きでいて欲しい」
 

 

こんな不安な気持ちから束縛に繋がってしまうというわけです。
 

 

なので、相手を安心させるという意味でも好きだから大丈夫だよということを伝えてあげると良いでしょう。
 

 

ただ注意点として、やっつけ仕事のように伝えると逆効果になります。
 

 

「面倒だなー・・・」と思っても、相手に響くように伝えていきましょう。
 

 

②逆の立場で考えてもらう
 
束縛されたときの対処法2つ目が逆の立場で考えてもらうということです。

 

こちらについては具体例で紹介します。

 

仮に女の子がいる飲み会にあなたが行くとして、それに対して彼女が束縛してくるとします。

 

そういう時は、こんな風に彼女に問いかけてみてください。

 

「逆に、男友達がいる飲み会に行くときはどんな気持ちで行く?」
 
 
おそらく、何の下心もなく行くよと答えると思います。
 

 

そうしたら、「それと同じ気持ちだよ」と教えてあげましょう。
 

 

要するに、相手に嫉妬や束縛をしてしまう時は自分を見失ってしまっていますが、自分だったらどうだろうと置き換えて考えてみれば安心できたりするものです。

 

その気付きになるように、彼女さんを促してあげると良いでしょう。
 

 

③やめて欲しいと伝える
 
束縛されたときの対処法3つ目が束縛するのをやめて欲しいと伝えることです。

 

シンプルですが、素直に束縛をやめて欲しいと伝えましょう。

 

ただしいきなりそれだけ伝えるとこんな風に言われることがあるかもです。
 

 

「やましいことがあるからそう言うんでしょ」
「やっぱり何か隠してるんでしょ」

 

こんな風にあらぬ疑いをかけられることも・・・。

 

そうならない為に、以下のフレーズもセットで伝えましょう。

 

✔セットで伝えるべきフレーズ
長続きしたいからこそ束縛はやめてほしい

 

束縛するということは、相手に我慢をさせたり私生活に影響を及ぼす行為です。

 

そんな窮屈な状態で付き合っていてもいつかは爆発してしまいます。

 

「長く付き合っていきたいからこそ、束縛はやめて欲しいんだ」

 

と相手に伝えてあげると、わかってくれるケースが多かったりします。
 

 

④守れない約束はしない
 
最後、束縛されたときの対処法4つ目が守れない約束はしないということです。

 

束縛される彼氏にありがちなのが、その場しのぎの約束をしてしまうことです。
 
 

 

HIRO
HIRO
僕自身も「他の女の子と一切連絡取らないで」と当時の彼女に言われて、その約束を飲んでしまったことがあります。
 

 こんな風に守れない約束をしてしまうとどうなるかというと、以下のような悪循環にハマります。

 

✔束縛の悪循環

・守れない約束をする

・無理な約束なので守れない

・相手の信用を失う

・もっと激しい束縛に変わる

・できない約束をしてしのぐ

 

たしかに束縛をされている時は、なんとかその場を終わらせないと永遠と話し合いが前に進まなくなるようなシーンがあるのも事実です。

 

僕自身も「飲み会に行きたい」vs「行かないでほしい」で3時間ほど駅のホームで揉めた経験があります。

 

そうなると、その場しのぎでも守れない約束をして事を収めてしまった方がいいと思ってしまう気持ちも痛いほどわかります。

 

ただし、守れない約束をしてしまうとこんな風に結果的に自分の首を絞めることになります。

 

その場しのぎではなく、なんとか話し合いで解決できるようにしていきましょう。

 

あなたが改善すべき3つのポイント

 

 ここまでで、束縛彼女のあるある束縛されたときの対処法について解説をしてきました。

 

ここまではどちらかというと束縛をする彼女が悪いというトーンでお伝えをしてきましたね。

 

ただしこのパートでは、束縛される側の彼氏が改善すべき3つのポイントについて説明をします。

 

 冒頭でも少しお話ししましたが、束縛はする方だけが悪いのではなくて、実はされる方にも原因があったりします。

 

言い換えると、束縛をするような彼女にしてしまったのはあなたかもしれないということです。

 

まずなぜ彼女に束縛をされるかというと、それは相手から信用されていないからです。

 

悩んでいる人
悩んでいる人

この人自分のこと本当に好きなのかな?
突然別れようとか言ってこないかな?

放っておいたらもしかしたら浮気するんじゃないかな?

 

 

これが束縛する人の心理です。

 

お伝えしていのは、知らず知らずのうちに相手の信用を無くす原因を作っていませんか?ということです。

 

それを踏まえたうえで、3つご紹介していきますので、当てはまっているものがないか確認してみてください。

 

もし当てはまるところがあれば、あなた自身も改善していった方がいいでしょう。

 

①守れない約束をしない

 

改善ポイント1つ目が守れない約束をしないということです。

 

これは先ほども説明した通りですが、その場を早く収めたいがためにできない約束をしてしまうことあります。

 

こちらが実際に過去の僕がしてしまった守れなかった約束です。

 

✔できない約束の例(体験談)

・女の子とは一切話さないし、連絡もとらない
・女の子がいる飲み会には一切行かない
・連絡は必ず1時間以内には返す

 

なぜこんな風に守れない約束をしてしまうかというと、とにかく面倒だからですね。
 

 

例えば、「異性のいる飲み会いかないでよ。」と言われたときに、「いやいや、それは無理やろ。」と返したらどうなりますか?
間違いなく喧嘩になりますよね。
ついでに相手が泣いたり怒ったりなんかした場合には数時間レベルの喧嘩に発展します。
 
 
それが面倒でつい「わかった、約束するよ。」でその場を終わらせてしまうことが、僕自身結構ありましたし、これを読んでいるあなたもあるのではないでしょうか?

 

ただ当然そんな約束を守れるわけがないので、必ず破ることになり、それが相手の耳に入り、また喧嘩。もっと厳しい約束をさせられ、それをまた破り、また喧嘩・・・。この繰り返しになるわけです。
 
ただしここで考えて欲しいのが、じゃあこれはどっちが悪かったかという点です。
 

 

実はこれは束縛された側が悪いんですよね。
 

 

なぜなら、話し合いを放棄してその場しのぎの約束で逃げようとしているからですね。
 

 

面倒でもちゃんと向き合い、無理なものは無理と伝えていくことが必要です。
 

 

②小さいことでも隠し事(ウソ)をしない

 

改善ポイント2つ目が隠し事やウソを言わないということです。

 

先ほど言ったように、なぜ束縛をされるかというと、相手から信用がないからです。

 

仮に小さな隠し事だったとしても、それが積み重なると相手への信用を無くします。

 

そうすると、異性が本当に誰もいない飲み会に行くと言ったとしても

 「絶対ウソついてる」

「ほんとは他にもいるんでしょ」

 

こんな風に疑われてしまうことになり、二次災害を生むことになります。

 

「①できない約束をしない」に通じる部分でもありますが、約束を破る=ウソをついたという扱いになりま。

 

そうすると、どんなに主張しても信用してもらえず、結果的に束縛がもっと激しくなるということです。

 

③好きを伝えきれていない

 

改善ポイント3つ目が好きをちゃんと伝えるということです。

 

付き合いが長くなってきて相手に対する愛情表現が不足していると、相手が不安になり束縛をされるきっかけになります。

 

意識的に好きを伝えるようにしたり、日頃から相手を褒めるなど、相手への愛情表現をサボらないようにしましょう。

 

とはいえマンネリ化してくると、日頃から愛情表現していくのは結構難しかったりするので、マンネリ対策のポイントをまとめた記事を貼っておきます。

 

これを読んでぜひ仲良くし、相手からの束縛を回避してみてください。

 

【結論】関係修復は困難

 

難しい,関係,修復

 

ここまでで、束縛への対処法や解決策をお伝えしてきましたが、結論として一度壊れてしまった関係性を修復するのは非常に困難だと思った方がいいです。

 

なぜなら、束縛している状況が当たり前になると、もし束縛をやめると相手にとってしんどい状況に変わってしまうからですね。

 

✔具体的にはこちら

・女性がいる飲み会は禁止にしたのにOKになった
・返信は基本的には1時間以内にもらうようにしてたけどやめた
・週末は必ず土日どっちかは会うようにしてたけどやめた

 

束縛をやめるということは、こんな風に相手にとって居心地が良い状況から心配事が増える状況に変わるということです。

 

こうなると相手からすると不安要素が増えてしまいますよね。

 

そういった意味で、一度束縛をされてしまうと仮に束縛から解放されたとしても良好な関係に戻すのは結構大変かもしれません。

 

そういう人は、いっそのこと別れてしまって新しい出会いから再スタートするのもありです。

 

さいごに

 

「新しい出会いを探したいけど周りにいい人がいない」

 

こんな風に悩む方はマッチングアプリpairsがおすすめですよ。

 

マッチングアプリ=サクラが多くてポイント費用だけ搾取される

 

こんな風に思っている方いるかもですが、pairsはそんなことはありません。 

 

僕自身もpairsは過去に利用していましたが、過去に15名くらいの方とちゃんと会うことができています。

 

無料で登録できるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

【Pairsに無料登録】

コメント

タイトルとURLをコピーしました