【もったいない別れ方を紹介します】※復縁するのもありです

スポンサーリンク
やめるべき,行動 恋愛

 

 

「彼氏と別れたけど本当によかったかな?」

 

別れた後にこんな風に思ってしまう女性は多いのではないでしょうか?

今回はそんな女性に向けた内容になっています。

 

こんな人に読んで欲しい
・彼氏と別れた
・別れたものの正しい判断だったかわからない
・復縁しようか悩んでいる

こんな悩みにお答えしていきます。

 

✔本記事の内容
・もったいない別れ方4つ
・ドキドキを取り戻す方法
・【結論】基本的には誰とも別れないほうがいい話

 

今回は「すでに別れてしまったけど本当に別れてよかったのかな」と悩んで欲しい人向けに、もったいない別れ方を4つお伝えしていきます。

 

もし当てはまっていたら復縁するのもありかと思います。

 

また復縁してリスタートさせようとするとどうしても初めに付き合ってた時よりもドキドキがなくなってたりします。

 

今回はそのあたりの、ドキドキを取り戻す方法についても解説をしていきます。

 

✔本記事の信頼性
HIRO
HIRO
僕自身は過去に3人の女性と付き合ったことがありまして、全員と3年以上関係を続けることができました。3年の間で別れたこともありましたが、もったいなかったなということで復縁した経験もあります。

 

僕の経験上「もったいない別れ方」「復縁して長続きする方法」の両方を知っているというわけです。

 

そういった意味でも今回の記事の信頼性というのはある程度あるのではないかなと思っています。

 

それでは早速本題に入っていきます。

 

3分くらいでサクッと読めるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

もったいない別れ方4つ

 

 

気を付ける

 

 

さっそくタイトルにもある通り「もったいない別れ方」を4つご紹介します。

 

もし当てはまっていたら復縁を検討してもいいかと思います。

 

①価値観が合わないから

 

もったいない別れ方の1つ目は「価値観が合わないから」といって別れてしまうパターンです。

 

これはもったいないです。

 

これについては価値観が違うというのは当たり前だということを受け入れるところから始めた方がいいかと思います。

 

そもそも生きてきた環境も生活スタイルも違う他人同士が付き合っているわけなので、価値観が合わないのは当たり前だったりします。

 

これは誰と付き合っても同じことなので、この理由で別れて仮に他の人と付き合ってもまた同じことの繰り返しになってしまうだけです。

 

 

悩んでいる人
悩んでいる人

そうはいっても価値観が違ってしんどいのは事実だし・・

 

 

こんな風に思う方もいるかもです。

 

「価値観が違う」といって別れるカップルの本質的な問題点が何かというと、価値観が違うことではなく「話し合いができない」ことです。

 

価値観が違った時に何が大事なのかというと、話し合いつつお互いの価値観をすり合わせていくことです。

 

それができれば別れる理由にはならないはずなんです。

 

ではどうやったら話し合いができるようになるかというと、ここで話すと長くなってしまうのでそれはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

 

ただし一部例外がありまして、この価値観が違う場合は付き合っていくのは無理なので諦めましょうというものがあります。

 

・食の価値観
・金の価値観

 

ここについては話し合っても解決できないですし、ずれていると致命傷になりますので、ここが合わないというのであれば別れても仕方がないかもです。

 

 

②喧嘩別れ

 

続いてもったいない別れ方の2つ目が「喧嘩別れ」です。

 

つい喧嘩した勢いで「もう別れよう!」と言って別れてしまうパターンですね。

 

相手のことが嫌いになったわけではないですから、もし別れてしまうとあとから後悔する可能性が非常に高いので注意しましょう。

 

またこれを読んで、「喧嘩別れだったから復縁しようかな」と思っている人へ注意点です。

 

それが早くしないと手遅れになりますよ。ということです。

 

喧嘩別れをしている状態は長く続けば続くほど相手への気持ちは冷めていって、「まぁもういっか」という気持ちになりがちです。

 

お互いに意地を張ってなかなか謝れないことは多いかと思いますが、後悔する前に早めに仲直りをする方が賢明かと思います。

 

 

③他に好きな人ができたから

 

もったいない別れ方の3つ目が「他に好きな人ができたから」という理由です。

 

「隣の芝は青く見える」とは言いますが、しばらく付き合っていると他の人のことがやたら良く見えたりしてしまうものです。

 

そして結局その人を追いかけてくなって別れてしまうパターンですね。いやーもったいない。

 

残念ながらそれで他の人に乗り換えたところで、また同じように他の人が良く見えて・・・の繰り返しになります。

 

こういう時のおすすめが今の恋人の良いところや好きなところを書き出してみることです。

 

近くにいると相手の良いところがつい当たり前になって忘れてしまってたりするので、書き出してみることでそれを思い出せるはずです。

 

④ドキドキをなくしてしまったから

 

最後、もったいない別れ方の4つ目はドキドキをなくしてしまったからという理由です。

 

「付き合いたての時はあんなにドキドキできていたのに今じゃすっかり」

 

こういった理由で別れてしまうパターンですね。

 

正直このパターンの人が最も多いのではないかと思います。

 

これはいわゆるマンネリ化というやつですね。

 

マンネリ化するってことはある程度長続きしたということですよね。

それで別れてしまうのはめちゃくちゃもったいないです。

 

マンネリ化は人間の「飽き」からくるものなので、誰と付き合っても必ずくるものです。

 

なのでマンネリ化については克服する方法を知らない限りは、仮に他の人と付き合ったとしても同じことの繰り返しになります。

 

そういう意味で、マンネリ化が原因で別れてしまったのであれば復縁する方が良いかなと思います。

 

 

悩んでいる人
悩んでいる人

じゃあマンネリ化はどうしたら克服できるの?

 

こんな風に思った方も多いかと思いますので、次のパートで説明をしていきます。

 

ドキドキを取り戻す方法

 

 

伝えたい

 

ここからはドキドキを取り戻す方法について説明をしていきます。

 

なぜこのテーマが大事かというと理由は以下の2つです。

 

・マンネリ化が原因で別れるカップルが多いから
・一度別れてしまうと初めほどドキドキするのが難しくなるから

 

まず1つ目は先ほども説明したように、マンネリ化が原因で別れてしまうカップルが多いから。

 

そうならない為にドキドキを取り戻す方法を説明します。

 

そして2つ目が、一度別れてしまうとドキドキを取り戻すのが難しいからという理由です。

 

これについて少しだけ補足をすると、一度別れてしまうと心のどこかに「私たちは一度別れた」という意識が残ってしまうんです。

 

そうすると、どんなに復縁後に仲良くしていたとしても相手のことを想う気持ちに若干のブレーキがかかってしまったりします。

 

それを克服するためにも、ドキドキを取り戻していくというのは重要になります。

 

それではドキドキを取り戻す方法について3つ解説をしていきます。

 

①記念日を大切にする

 

誕生日や付き合った日、クリスマスなど。

 

こういった日にいつもと違った演出をして特別感を出すことでドキドキを取り戻すことができます。

 

ドキドキをなくしてしまう理由は日常に飽きてしまっている状態なので、いつもと少し違った演出をするだけで日常に刺激が加わり昔のような関係性を取り戻せるでしょう。

 

参考までに喜ばれるサプライズの演出やプレゼントをまとめた記事を貼っておきます。

 

こちらをぜひ参考にしてみてください。

 

 

②デートプランを工夫する

 

どうしても付き合いが長くなってくるとデートプランがいつも同じようなものになってしまいがち。

 

そうするとマンネリ化を加速させることになり、ドキドキ感はどんどんなくなっていきます。

 

たまにでもいいので、いつもと少し違ったデートをするだけでも関係性は変わるでしょう。
悩んでいる人
悩んでいる人

そうはいってもデートプランがだいぶネタ切れしてるよ。

 

こんな方に向けて、意外と見落としがちなデートプラン9選をまとめた記事がありますのでぜひ参考にどうぞ。

 

 

 

③過去のデートスポット巡り

 

「付き合いたての時は楽しかったな」
「昔はこんなんじゃなかったのにな」

 

こんな風に思ってしまうことってありますよね。

 

そういう時におすすめなのが昔言ったデートスポット巡りをすることです。

 

これをすると当時の熱い気持ちを思い出すことができ、ドキドキ感を取り戻すことができるかと思います。

 

④適度なスキンシップをとる

 

マンネリ化してきたり、一度別れてしまったりするとどうしてもスキンシップが減りがち。

 

スキンシップが減ると心の距離が少しずつ空いていってしまいドキドキ感を失いがち。

 

そんな方におすすめしたいのが、自分の中で頻度を決めてしまいましょうということです。

 

・キスはデート中に1回はする
・手は基本つなぐ
・エッチはデートの3回に1回はする

 

こんな感じで、自分の中で頻度を決めてしまうことでスキンシップの回数は保たれて、結果的にドキドキ感を失わずにすみます。

 

【結論】基本的には誰とも別れないほうがいい話

 

 

問題点

 

ここまででもったいない別れ方とドキドキ感を取り戻す方法についてお伝えをしてきました。

 

読んでいてわかったかもしれませんが、世の中のカップルが別れてしまう理由のほとんどが今日説明したもったいない別れ方に含まれています。

 

要するに、破局をしているほとんどのカップルがもったいない別れ方をしているということです。

 

それこそ「浮気をされた」や「暴力を振るわれた」などやむを得ない理由がある場合もありますが、ほとんどの場合は話し合ったり少し工夫すれば解決できるようなケースです。

 

つまり、よっぽどの理由じゃない限りは今付き合っている相手とは別れるべきではなくて、どうやったら関係性を良くできるかな?と考えるべきです。

 

逆にいうと、それができないと誰と付き合ってもうまくはいかないでしょう。

 

それでは今回は以上です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

こんな感じで他にもタメになる記事を毎日更新しています。
更新は朝にしていますので、日々楽しみにしていただけたら嬉しいです(^^)/
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました